韋駄天ステーション

人生を駆け抜ける韋駄天おじさんです。 4人の子供を持つ専業主夫が役立つ情報を発信!

韋駄天ステーション
Pocket

子育てに協力してるお父さんにリアルに言いたいこと

2017年03月31日 [ 夫・パパ 子育ての悩み ]
お父さんの役割が、働いてるだけの時代は終わりました。
Pocket

こんにちは、韋駄天です!

 

今日は情報というよりも、個人的な見解について

敵を作る覚悟で書いてきます(苦笑)

 

気持ち的には、新米パパの教科書にでも

なってくれればうれしいんだけども。

過度な期待はしませぬ(笑)

 

イクメンの半分はイクメソ

5歳以下の子供がいて、

※韋駄天の見解では、6歳以上の子は、ほとんど手がかからないどころか、ちゃんと手伝いとかしてくれて、むしろ戦力。神様。

たまの休みだけ子供とあそんで

「子育てしてる」

とか、

「イクメン」

だとか言われて調子のってるあなた!

 

調子のってる暇があったら、

ご飯の補助でもしてあげんしゃい。

 

料理食べれるサイズにしてあげなよ。

 

ほら、口のまわり拭いてあげなよ。

 

汚れすぎたから、仕方ない!って

そのままお風呂連れて行ってやんなよ。

 

 

 

ほとんどやったことないでしょ?

まじで。

 

 

 

一部の方は信じられないと思いますけど、

おむつ換えれて

子供と遊んでるだけで

世の中ではイクメンと言われます。

 

 

 

韋駄天
いやいや、イクメソでしょそれ。

 

 

スポンサーリンク

イクメソ多過ぎ

イクメンとは?

男性の育児に関する評価基準って

めちゃ低いんすよ。

 

理由は簡単で

昔の男の人(昭和男子とでも呼ぼうか)が

全然協力的じゃなかったから。

 

イクメンの定義も変

「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。

 

「育児休暇を申請する」

「育児を趣味と言ってはばからない」

 

こんな何にもしなくても良い様な

ビミョーな定義するから

偽イクメン(以下イクメソ(いくめそ))

が増えるんすよ。

 

育児(子育て)って何よ

イクメンってば、子育てする男性

なんだから、まずは「子育て」

についてはっきりさせます。

 

子育ては総合商社みたいなもん

例えば、

 

「おむつが換えられる」

「休日には子供と遊んでる」

 

ていうのは、

子育てで占める割合から言うと

0.2%くらいです。

 

もう意味不明

韋駄天商事
わが社は
韋駄天商事
つまようじと竹串だけ取り扱う
韋駄天商事
総合商社です!

 

とか言い出したらもう意味不明でしょ(苦笑)

ほぼメーカーやん(笑)

 

まぁでもわかってほしいのは

「おむつ換えれる」

なんて、

「つまようじ作ってる」

くらいの影響力しかないってことです。

※韋駄天はつまようじのメーカーさんをバカにしてるわけではありません。

 

実はすべての活動が子育て

 

総合商社はいろいろ扱ってるから

総合商社なわけで。

食品から、日用品、

美容、健康、趣味、仕事・・・

 

さまざまな商品を扱ってこそ

意味があるんですよ。

 

 

子育てだって同じでしょ?

 

着替えとか、

ご飯とか、

お風呂とか、

歯磨きとか、

 

もっと言えば、

洗濯とか掃除だって、

「それらを行うための準備」

 

つまり、「子育ての一環」

と言えます。

 

イクメソがいきがったところで

しょせん本物の総合商社(妻)に

商品提供してるだけの

1メーカーなんで。

 

重要なのは身の程を知る事

最敬礼で感謝

もちろん、1メーカーだって

とっても重要なんすけど、

直接販売する能力がないから

商社に頼るんですよね?

 

僕ら男性(夫、パパ)も

基本的には子育て能力ないから

嫁さんに頼ってるわけで。

 

何か出来るからって、

ドヤ顔してる場合では

ないわけだすよ。

 

もっと感謝せな

ぼくらって、

韋駄天
おむつ換えてあげたぜ(キリッ)

てな感じで、

むしろ、

やってあげたんだから感謝しろよ!

くらいの感覚あると思うんすよ。

 

でも、

よーーく考えたら、

 

こんなことしかできなくてゴメソm(_ _)m

いつもありがとうございますm(_ _)m

 

くらいでちょうどいいと思う。

 

だって、相手は商社ですからね。

まぁ頭下げるでしょ(笑)

 

スポンサーリンク

ホンマの理想は

小売業者ばりにドンと構えようぜ

僕らが目標にすべきは

ズバリ「小売業者」です。

 

※ここで出てくる用語が分からない人のために

 このサイトの下の方にある

 画像クリックで見てください。

 今は個人消費者=子供

 として話をしています。

 

スーパーみたいなもん。

 

売れるものなら何でも売りますよね。

でも、キャパオーバーなら

残念ながら取り扱えません。

 

料理はどうしても無理やけど

他やったら大丈夫。

必要やったら言って。

 

くらい、

ドンと構えてみません?

スポンサーリンク

さいごに。まとめ。

今回は韋駄天の頭の中を

ちょっとだけ小出しにしてみました。

 

でもなんか、

やっぱ偉そうなお父さん

多い気がするわ(苦笑)

 

とにかく感謝を忘れないように

謙虚に行きましょうよ。

 

相手は伊〇忠ばりの

大商社ですからね(笑)

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です